アクセスカウンター

ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年9月19日月曜日

バッテリー

オイル交換の際にバッテリーが弱ってますね~
 車検時にバッテリーの数値が低くなってます~
 周りの人でバッテリーあがりを経験した人の話を聞く

こんな経験ありませんか?

私も5年前までは、よくバッテリーが弱ってるとかしょっちゅう言われてました。
新品で買っても、半年過ぎたらもう弱ってるとか言うし。(あんた、買わそうとして
そんなん言うてるんやろー?とか思ってた)

ところが今は違います。バッテリー交換してもう5年目くらいになりますが一切
バッテリーの数値が低くなってるだの言われません。

CAOS(カオス)に交換してからは。

このバッテリー青色でインパクトあるんですがパワーもディープインパクト!

いちいち補充メンテもしなくていいし。ぶっちゃけ放置プレイOK!


ただカーショップで付けてもらうと高いんだなーこれが。
私の場合55B19Lでも12,000円はするんだわ。割引でも10,000円くらいだろ。

 
(55はバッテリーの性能。私のは前は38だったのが55に。かなりパワーアップ)
(Bは幅と高さの大きさ。19は長さが190mmということ。)
(Lというのはプラス(+)端子のある方の幅の短い方を手前にもってきて
プラス(+)端子が右(R)にあるのか左(L)にあるのか?ということです。
私の場合は左(L)ということですね。)


ところが、ネットショップで買うとだ、半額以下で買えるのだ。
しかも送料無料だぞ。
おまけに使用済みバッテリー回収もしてくれるんだぞ。

バッテリーの取り付けは危険を伴いますがきちんと手順を理解すれば誰でも交換
できるんです。

手袋とレンチ(大きさ変えれるやつ)でできるよ。

じゃあ簡単にだけど手順を説明するぜ

----------------【交換手順】----------------------------------------------------------
①まず取り外すときはマイナス(-)から。車自体がマイナス(-)だから。
 注)プラス(+)から作業すると万一、体かレンチか車体に触れるとショート
 します。(感電する。レンチ溶けちゃうくらい高電圧!

 マイナス(-)を外すともう電気は通らないので一応安全。
 だからといって油断しないこと。

②次はプラス(+)を外す。

 バッテリーケース周辺を掃除できたらしとこう。

③そして新品(CAOS)に交換。

④取り付ける時はプラス(+)からだよ。
 マイナス(-)からすると通電するから危険だよ。

⑤その後マイナス(-)とりつけてOK

要は マイナス(-) → プラス(+) → プラス(+) → マイナス(-)の順番。

 これだけ。あとはエンジンかけて確認しよう。

 最初かかりにくいけど5~6回かけるとちゃんとかかるようになるから。
※時計とかオーディオとか初期化されちゃうんで時計あわせてね)-----------------------------------------------------------------------------------------------------

夏場にエアコンガンガンかけてるのに劣化してないのだよ~。
まぁ3年過ぎたらやっぱり交換したほうがええよー。
にしてもコスパ良すぎ。

余談やけど女からはバッテリー交換してる姿が素敵らしいでー
なんかすごいことやってるように見えるんやろね。
そんなアピールもできるのだ。


このお値段で送料無料なんだわ。3年もつとして1年で1,700円切るのよ。エンジンオイル
より安いじゃん。

2016年9月17日土曜日

【DIY】ETC取付

ETC取り付け・・高い。
 (アンテナ分離型)

アンテナ一体型だと安いけど露骨につけてます~ってなるし、防犯上よろしくない。
なので分離型。

さて、車の素人の私が情報収集したのはまずは安くETCを購入する手段。
(カード加入による購入が安かった)

ETCの費用は本体価格、セットアップ費(車両情報を登録する為:普通車、大型車、
軽自動車など)、取り付け費の3点ですな。
セットアップの費用は一律らしく(3,250円?なんぼやったっけ?)
割とかかるの。取り付け費もアンテナ分離型だと5,250円くらいかかる。本体は
種類、メーカーによって差があります。

セットアップ費を浮かすのは不可能。(業者指定による設定のため)
じゃあ・・・本体。まずこれ。
そして取り付け(5,250円は大きかった)



次に取り付け方法。 (注)バッテリのマイナス端子ははずします。

①アンテナの取り付け
②配線
③電源
④取り付け位置
⑤必要工具


以上の5点が重要になってくるかと。(実に情報収集に一ヶ月かけました・・。取り付けて
ゲートが開かなかったらえらいことになるもんね~)


①は神経使うけど、うちの車ならフロントガラスの中心から少し左側に、コードが屋根に
 のびる用につけます。(両面テープになってるんだけど一度取り付けると
 取り外せないみたいだからドキドキ。
 無理につけたものを剥がそうとするとアンテナがバキッととれそうになる(ネット情報)
 貼り付けたらあとは簡単、コードを屋根のカバーのなかに押し込む(手でこじると
 隙間ができる。そこを通します。)

 そしてAピラー(※)のカバーを手でこじって外してアンテナコードを通す。
 (※)Aピラーとは、ドライバーから見て斜め前方に位置する、
 フロントウインドウを支える左右両端の支柱のこと。

 下のアクセルペダルの所までは簡単にスルリと線が通せます。
 (配線ガイド:線を細い所などに通すのに使う道具)は不要でした)

②配線についてですが、アルパインのHPにカーナビ
 やオーディオ設置のための配線情報やパネルの外し方のサイトがあります。
 (車種別に。重宝します。)

 私の購入したETCは常時電源(ルームランプやヘッドライトなどに使われる電源)は
 不要でACC (アクセサリー電源:ラジオやシガーライターソケット等に使われる電源)
 のみで取り付けできるので楽チンです

 配線については整理が大事でどこに余ったコードを収納するか考えます。
 (ヒューズボックスのそ ばのワイヤーハーネス(※)と抱き合わせるか、
 隙間にいれるか・・・)

 (※)ハーネスとは、もともと馬車の引き具の意味で、シートベルトのこと。
 あるいは車体の電気配 線網「ワイヤーハーネス」のこと。

③電源
 電源の取り方は3点あります。
 (1)シガーからとる方法(一番簡単だがつねに着けてなくてはならず、
   故障などの保障の対象外   となるためオススメはしません)
   接続不良などもありえます・・・。自分でつけてる時点で保障も何もないけどね・・・?

 (2)ヒューズボックスから
   運転席の右下をご覧ください。小さなヒューズ達がつまった箱があります。
   そこから電源をいただくという方法。

 (3)オーディオ電源から拝借
   もし純正オーディオでないなら、あまった配線があるかも(ギボシ端子で
   そのままになっていると思われるのでそこからETCの電源コードを差し込むだけ) 
   私のは純正なので配線タップを使わないといけなそう
   (タップは接触不良などを起こしやすいのでオススメされません)

 なので(2)のヒューズボックスからとることに決定!
 CIGと書いてあるヒューズをラジオペンチでハンカチでカバーしながらゆっくり抜きます。
 そこから検電器をつかい電源側の電気を確認(上側でした)
 

 CIGにそれを差込み電源確保。ヒューズの線が出てる部分が検電器で調べた電気の
 でてる所に歯をさす。(アースも忘れずに)
 アースは車のボルトからとれます(カバーを外した所にあったりしますので
 プラスドライバーで緩めてくわがた端子を差込み締める)


 これで電源は確保。

④さて取り付け位置。
 いろいろあるけどハンドルの下側がベストかな。

 はずしたパネルを家に持って帰ってゆっくり穴あけ作業。
 やわらかいので特別な工具は使わず。
 まずは彫刻刀で・・・。
 そしてはさみで・・・(はさみの歯の一方を差込みぐりぐり回すと思った以上に綺麗な穴が。)
そして穴を綺麗にカバーするグロメットと呼ばれる商品をつけます。

 ねじを回すための穴をきりであける。

 準備完了!

⑤ここで必要工具のおさらい。
 ペンチ、ニッパー、タオル(綺麗に拭くためのもの)、布切れ(プラスティック製の
 パネルを傷つけないため)、検電器(500円超くらいかな)、プラスドライバー、手袋、
 懐中電灯、蚊取り線香(蚊が多かった・・・)、仕様書、配線グロメット、絶縁テープ、配線バンド、 
 丸型やすり(百均一で購入)、デジカメ、レンチ、ハサミ、赤鉛筆(穴あける位置を塗った)、
 彫刻刀。 くらいかな。

 あとはETCをとりつけて線を接続して余ったコードを束ねて絶縁テープと配線バンドで
 綺麗にむすぶ。
 アンテナについては必要以上に折り曲げたり束ねるとダメなので丸くして
 パネルのうらにひっかけて貼り付け。(アンテナによるトラブルが多いらしいので注意)
 説明書にこれ以上の角度で曲げないでくださいとあるのでそれを参考にした。


 見た目も綺麗にして、キーをさしこみACCのとこでストップ。

 ”ピーピーピー、ETCカードが入っていません”という音を聞いて電源がきちんと
 通っていることを 確認!!

 あとはアンテナ。 ETC DIYをされる方のためのHPがありました。
 一般/ETCレーンのあるとこ を教えてくれます。

 そこならETCが万一作動しなくても通れる。

 (一応ETCレーンでもバーが開かない時は通過してから、安全なところに停めて、
 やってきた係員から紙かなんかをもらった後走行可能みたい) 
 バーは発泡スチロールみたいなものらしいのでぶつかっても大丈夫みたいだよ。
 だからってぶつからんといてね。

 阪神高速の湊町インターは一般/ETCレーンだったね。
 (通行量が多いのでオススメしません)
 私は長田インターから乗りました。事前に予告してくれるので。
 ”ピンポーン 通行できます”と教えてくれます。

 通れることを確認してETC設置完了。

 やってみると楽しかった。

 のんびりやったから3日くらいかかったけど。つめこみゃ3~4時間かな。
/*ブロガーでむりやりヘッダー下にmenuを*/