アクセスカウンター

2016年9月20日火曜日

発行済株式総数を増やす意味

企業が発行済株式総数を増やす時について簡単に考察します。


発行できる株式の数が増える
        ↓
より沢山のお金を調達できる。
(銀行だと利子や担保をとられるなどのリスクがある。)
        ↓
調達した資金を設備投資に使用
        ↓
すぐにはその投資に対して利益が
生まれるわけではないので、
発行した株式分の配当の支払い
がのしかかる。
        ↓
株価が下落する。
(会社の利益に関わることなので株主としては
あまり好感されない)


銀行借入れのリスクとを天秤にはかると
どちらがいいのだろうか・・・。


【実例】
 ANA(全日空)がジャンボ機調達の為
 2,000億円規模の公募増資を発表(2012年7月4日)し
 株価が下落したことがありました。
 6月は220~230円辺りをキープしていましたが、
 7月3日からは190円台に下落しその後170円台にまで
 下落。



0 件のコメント:

/*ブロガーでむりやりヘッダー下にmenuを*/