アクセスカウンター

2016年11月13日日曜日

【トランプ大統領】誕生

 今回は番外編

トランプ大統領就任します。

トランプ大統領について

アメリカ大統領選挙は長い期間を経て
行われます。

ほんと1年くらい。


当初、トランプは過激な発言で注目を
集めていたもののまさか当選するなどと
誰も思っていなかったのではないでしょうか。


選挙当日もヒラリーになるものとばかり。


ブレグジット同様最近の選挙は
世論調査を覆す結果になってきて
いますね。実際ブレグジットについては
EU離脱賛成を意味することを賛成投票した
方がわかっていなかったということが後に
報道されていましたが・・・。
つまり、先の感情、政治を意味を考えず
投票してしまった、それは表面だけの報道に
踊らされた有権者が流れで賛成をしたということ。
EU離脱のその後についてはまた別の機会に
ということにします。


そういえばいつぞやの日本の総理大臣の
選挙のとき、

小泉首相が誕生したときと似たような
感じを受けたような。

ただあの時の政治は見てて面白かった気が
します。


結局パフォーマンスに載せられて
多くの人の心を動かして票を得たものが
勝つ流れなんでしょう。


先に話したブレグジットの例で言えば
後々ことの重大さに気づいた有権者が
後悔したなんてお粗末な話です。

まさに後悔先にたたず。


ノリや一時的な感情で行動してはいけませんね。


とはいえ、結果は結果として、今後
どのように考えて行動するかを
有権者は考えないといけません。


実際トランプ大統領に投票した人は
どのような思いで投票し、結果について
どのような政策を期待しているのか。



トランプ大統領が選挙前に
話していたことをいくつかまとめると


メキシコに壁をつくる。

移民の受け入れはしない。

日本に対する防衛費は日本に負担させる。

日本も核兵器を持てばいい。

TPPには署名しない。

イエレンはクビにする。(イエレンもクビになる前に
辞めてやると言い返しています。)

他国への介入をしない政策を展開するのでしょうか。

今後これらの発言がどの程度実行されるのか
見ていきたいと思います。


ひとまず、現段階での政治・経済の動きは

当選当日 株価は暴落、翌日V字回復。

オバマケア一部承認してすすめる。


トランプタワー周辺でデモが起きています。

選挙前と打って変わってトランプ自身も過激な発言を控えています。

選挙でのただのリップサービス?だったのか。


本人もまさか当選するとは思っていなかった
らしく、選挙の結果を調査すると豪語していた
ようです。(ヒラリーが勝つと思っていたんですね。)


トランプは投資家とし、一流ですが、政治家としても
一流になれるのでしょうか???



0 件のコメント:

/*ブロガーでむりやりヘッダー下にmenuを*/