2017年9月30日土曜日

【トランプ大統領】北朝鮮外交vol3

 北朝鮮の相次ぐミサイル発射および核実験でいまだ
解決の糸口のみえない外交。

今度は大陸間弾道ミサイル(ICBM)に
核弾頭を搭載し太平洋間で空爆させるなどとも
発言しているとか。

そんなことになれば放射能汚染による被害や
漁船などにとっては致命的。
さすがに火花が散るかも知れない。

今の現状は、

どうやら中国が裏で取引をしているようだが、
そのことに最近アメリカが気づく。

なるほどそれで、北朝鮮がいまだ、開発を継続
できるのか。

アメリカは中国に対して北朝鮮と取引を
続けるなら中国に対しても制裁を行うと
発言すると、さすがに中国もアメリカから
制裁を受けると、(例えばドルなどが
取引できなくなると)金融不安やらで
政情が悪くなるので、言うことを聞かざるを
得なくなる。

結果、中国の金融機関は北朝鮮との
取引を停止。

北朝鮮の貿易相手の中国との取引が
できなくなると厳しい気もする。
対外貿易の9割が中国を占めるという
北朝鮮。

北朝鮮の方に意識がいくが、実は
中国も狡猾。

このことに便乗し、北朝鮮に対する
石油輸出で、かなりの値上げをして
がっぽり稼いでいるようなのである。

制裁という名目でもがっぽりカネ儲けとは。
こんな時にでも相手の足元をみて、カネを
引っ張ることができるのは大したものである。

北朝鮮も中国に対しては発言がないのは
こういった大事な取引先であるからなの
だろうが。

今後は中国の後ろ盾もなくなってくるが。

追い込まれる北朝鮮ではあるが、
どうやら資金源は他にもあるのでは?の
憶測も飛ぶ。


例えばビットコイン。

北朝鮮はサイバー攻撃で取引所から
ビットコインをかすめとったという報道もある。

ビットコインについては最近暴落どうこうの
話があったが、この情報を入手したアメリカが
ビットコインの取引について北朝鮮が資金源と
できないように暴落させたとの話もある。

ビットコイン関連で投資をしている者にとっては
思わぬリスクであったろうか。

政情リスクからこういった通貨が今後どんな
使われ方、進化の仕方を遂げるかは興味深いが
それはまた別の話。

世間の倫理が通用しない国。
盗みや誘拐や国家による殺人やら。
もうむちゃくちゃである。

ただし、このトップはアタマがいいと
思う。
ここまで世界を翻弄し自身にカネを
運び込むのだから。

あくまでも他国への攻撃はせず
駆け引きだけでここまでカネを
自国にもってくるのだから。

奴にとってアメリカが戦争を
起こしたくないことは
ミエミエなわけで。

これでもまだ、挑発が続くなら
その資金源は・・・?

0 件のコメント: