2017年3月3日金曜日

【トランプ大統領】施政方針演説

2月28日(日本時間1日)トランプ大統領は施政方針演説を行いました。

乱暴な発言は控えめに、「米国第一主義」を唱えつつ、政策実現に向けて
議会の協力を求めました。言葉を選んで演説されたの全文を紐解きます。

TPP離脱や壁の建設は強調。

 今夜、「黒人歴史月間」を祝う1カ月の終わりにあたり、私たちはこれまでの公民権運動の歩みと、まだ残されている課題を思い起こします。私たちは最近起きたユダヤ教コミュニティーセンターへの脅迫やユダヤ人墓地の破壊、先週のカンザスシティーでの銃撃事件から、私たちの国が政策上の対立を抱えてはいても、いかなる形の憎悪や悪にも一致して立ち上がり非難する国であることを思い起こさせてくれます。

 米国のそれぞれの世代は、真実、自由、正義のたいまつを途切れることなく今日まで受け継いできました。

 そのたいまつは今、私たちの手中にあります。私たちはそのたいまつを、世界を照らすために使います。私は今夜、団結と強さのメッセージを伝えるためにこの場にいます。私の心の底からのメッセージです。

 米国の偉大さの新たな章が今、始まっています。
 新しい国民の誇りが国中に満ちあふれています。

 そして、新たに湧き上がってきた楽観主義により、私たちは不可能と思われた夢をしっかりつかもうとしています。
 私たちが今日、目にしているのは、「米国精神の再生」です。同盟国は、米国が再度、世界をリードすることができる国になったと知るでしょう。世界の全ての国々は、敵味方問わず、米国が強く、誇り高く、自由であることを知るでしょう。

 今から9年後、米国は建国250周年を祝います。独立宣言の日から250年がたつのです。

 これは世界史の中の画期的な出来事の一つになるでしょう。

 しかし、米国は建国250年を迎えるとき、どんな国になっているでしょうか。私たちは、どんな国を子どもたちに残すのでしょうか。

 私は、将来の道筋を定めるにあたって、過去数十年間の過ちを再び犯すことはさせません。私たちはあまりにも長きにわたり、雇用や富が外国に流れ、国内の中間層が縮小する様を目の当たりにしてきました。地球規模の計画を次から次へと立案し、投資してきましたが、シカゴやボルティモア、デトロイトなどで無計画に広がった市街で暮らす子どもたちの行く末には目をつぶってきました。

 私たちは他の国の国境は守ってきましたが、自らの国境は開け放ったままで、誰もが国境を越え、過去に例のないペースで薬物が流入してきました。

 そして何兆ドルもの金を海外で使う一方で、国内のインフラはぼろぼろになりました。

 2016年、私たちの足元で地殻変動が起きました。反乱はまず、肌の色も信仰も様々な家庭からの静かな抵抗という形で始まりました。子どもたちに公平な成功の機会を与えたい、心配事に公平に耳を傾けてもらいたいと願う家庭です。

 しかし、静かな声は大きな合唱へと変わっていきました。小さな町から大都市まで、全国で何千人もの市民が一緒に声を上げるようになりました。

 そしてついに、その合唱が社会に地殻変動を起こしました。何千万人もの人が集まりました。彼らは一致団結して、米国は自国民を第一に置くべきだ、そうして初めて、米国を真に再び偉大にすることができるという素朴だが極めて重要な要求をしたのです。

 死にそうな産業が再び、一気に活性化するでしょう。英雄的な退役軍人の方々は、心底必要としているケアを受けられるようになるでしょう。私たちの軍は、勇敢な兵士たちが当然受け取るべき資金を手に入れるでしょう。

 壊れているインフラは、新しい道路や橋、トンネル、空港や鉄路に置き換わり、私たちの美しい国土を輝かせるでしょう。深刻な薬物の流行は次第に弱まり、最終的には消え去るでしょう。軽視されてきた市街地には再び希望、安全、機会が生まれるでしょう。

 何よりもまず、私たちは国民の皆さんとの約束を守ります。

 私が大統領に就任して1カ月と少々ですが、この機会に、私の公約の進み具合を報告したいと思います。

 私の当選後、フォード、フィアット・クライスラー、ゼネラル・モーターズ、スプリント、ソフトバンク、ロッキード、インテル、ウォルマートなどが、米国に数十億ドルの投資をし、数万人の新たな米国人の雇用を創出すると発表しました。株式市場の時価総額は11月8日の大統領選以降、3兆ドル近く増えました。一つの記録であります。素晴らしい戦闘機F35を値下げさせ、納税者には数億ドルの節約になりました。さらに政府全体の契約について数十億ドルを節減します。さらに、軍に関係せず、かつ重要度の低い連邦職員の採用は凍結しました。

 私たちは政府の職員に対し、ロビー活動を5年間禁じることにより、また、外国政府のロビイストになるのを一生禁じることによって、政府の腐敗の温床を除去し始めました。

※ ロビー活動とは・・・特定の主張を有する個人または団体が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動である。 議会の議員、政府の構成員、公務員などが対象となる。 ロビー活動を行う私的人物・集団はロビイスト(lobbyist)と称される。


 私たちは、雇用をつぶすような規制を大きく減らす歴史的な努力に着手しました。すべての政府機関内に規制緩和に取り組むタスクフォースを設け、新たな規制一つにつき、二つの古い規制を撤廃しなければならない、という新たなルールを課したのです。そして、偉大な炭鉱労働者たちの未来と暮らしを脅かしてきた規制をやめさせるつもりです。

 私たちはキーストーンとダコタ・アクセスのパイプライン建設に道を開きました。それは何万もの雇用を創出します。そして私は新たなパイプラインは米国製の鉄によって造られるという新たな大統領令を出しました。

 私たちは職を奪う環太平洋経済連携協定(TPP)から米国を撤退させました。

 そして、カナダのジャスティン・トルドー首相の助けを得て、隣国カナダの人たちとともに協議会を設けました。女性起業家がビジネスを始め、経済的な夢をかなえるのに必要なネットワークや市場、資本に、より確実にアクセスできるようにします。

 市民を守るために、私は司法省に対し、「暴力犯罪減少のためのタスクフォース」をつくるよう命じました。さらに、国土安全保障省や司法省に対し、国務省や国家情報長官などと連携して、国中に広がった犯罪組織を取り除くための積極的な戦略を練るよう命じました。私たちは、薬物がこの国に入り込み、若者を汚染していくのを食い止めます。そして、重度の依存症に陥った人々の治療を拡充します。

 同時に、私の政権は、移民に関する法執行や国境の安全を求める国民からの請願に応えてきました。最終的には移民に関する法を執行することによって、私たちは賃金を上げ、失業者を助け、何十億ドルものお金を節約し、そして私たちのコミュニティーをすべての人にとってより安全なものにします。私たちはすべての米国人が成功するよう願っています。しかし、それは無法の混乱状態のなかでは実現できません。私たちは、きちんとした法の執行と、法の支配を国境に取り戻さなければなりません。

 そのために、私たちはまもなく、南側の国境沿いに、大きな、大きな壁の建設を始めます。

 いまこの瞬間にも、私たちのコミュニティーを脅かし、全く罪のない市民を食い物にする暴力組織や薬物の売人、犯罪者たちを排除しています。そして、選挙戦を通じて私が約束してきた通り、悪者たちは外に出て行きつつあります。

 法を執行すべきだということを信じられない議員に、私は次のように問いたい。米国が法や国境を守らなかったために職や収入、あるいは愛する人を失った米国人家族にどんな声をかけるつもりなのか、と。私たちの義務は米国の市民に奉仕し、保護し、防衛することです。

 また、過激なイスラムのテロリズムから私たちの国を守るために、強い手段をとっています。

 司法省のデータによると、9・11の同時多発テロ以来、テロ関連の罪で有罪となった個人の大半は国外からやってきました。私たちは国土が攻撃されるのを目撃してきました。(爆弾テロがあった)ボストンから(銃乱射事件があった)カリフォルニア州サンバーナディノ、ペンタゴン(国防総省)、そしてそう、あの世界貿易センターまでも。私たちは、フランスやベルギー、ドイツ、そして世界中で攻撃を見てきました。

 きちんとした調査が実施できない場所からの制限されない入国を認めるのは、思いやりとは言えず、無謀なことなのです。米国への入国を許された者たちは、この国を支え、人々とその価値を愛さなければなりません。

 米国内にテロリズムの上陸拠点ができることを許してはなりません。米国が過激主義者のすみかになるのも許せません。だから私の政権は審査の手続きを改善してきました。この国の安全を保ち、私たちに害をもたらす者たちを外にとどめておくために、近く新たな手を打っていきます。

 約束したとおり、国防総省に対し、過激派組織「イスラム国」(IS)を破壊し、滅ぼすための計画をつくるよう命じました。ISは、イスラム教徒もキリスト教徒も、どんな宗教を信じる男や女や子供も殺してきた無法者たちのネットワークです。イスラム世界を含む友人たちや同盟国とともに、私たちの惑星から卑劣な敵を消し去ります。私はまた、イランの弾道ミサイル計画を支える団体や個人に対して新たな制裁を科し、イスラエルと不動の同盟関係を再確認しました。

 最後に、私は約束通り、連邦最高裁に、20人の候補者リストの中から、私たちの憲法を守る1人の判事を任命しました。ここに、モーリーン・スカリアが我々とともにあることを、私は大変栄誉に思います。ありがとう、モーリーン。偉大な(最高裁判事だった)亡き夫アントニン・スカリアは、永遠に米国司法の象徴です。彼の席を継いでもらうために、私たちは、信じられないほどの能力を持ち、法に深く身を捧げてきたニール・ゴーサッチ判事を選びました。彼は控訴裁判所には満場一致で承認されました。私は今、上院に対して速やかな指名承認をお願いしています。

※ モーリーン・スカリアはアントニン・スカリアの妻

 今夜、国として進むべき次の段階について輪郭を描くにあたり、私たちが引き継いだ今の状況を正直に告白しなければなりません。労働人口に加わっていない米国人が9400万人います。4300万を超える人々が貧しさのなかで暮らしています。そして4300万を超える米国人はフードスタンプ(食料配給券)に頼っているのです。働き盛りの5人に1人は働いていません。この65年間でもっとも財政の回復が遅れています。過去8年間で前政権は、ほかの過去すべての政権の分を合計したよりも多くの新たな負債を抱えました。

 北米自由貿易協定(NAFTA)が承認されてから、製造業の雇用の4分の1以上を失いました。そして中国が2001年に世界貿易機関(WTO)に加わってから6万の工場を失ったのです。昨年の世界に対する私たちの貿易赤字は8千億ドルに達しました。

 そして国外では、いくつものひどい外交政策による災難を受け継いでいます。これらの問題や、ほかの多くの差し迫った問題を解決するには、私たちは党派の違いを超えて取り組まなければなりません。語り継がれてきた長い歴史のなかで、すべての試練を乗り越えてきた米国の精神を生かすことが求められています。

 しかし、これらの国内外での目標を達成するには、米国経済のエンジンを再起動しなければなりません。米国でビジネスをしやすくし、米国からもっと、もっと企業が離れがたくなるようにするのです。

 いま、米国企業は世界でもっとも高い水準の税金を負担させられています。私の経済チームは、企業への税率を減らし、どこでもだれとでも競争でき、繁栄できるための歴史的な税制改革に取り組んでいます。それは大きな、大きな(税率)カットです。同時に、中間層に対しても大型の減税をします。私たちは、米国の企業と働き手が、公平な条件で戦える場を整えなければなりません。それをやらなければならないのです。

 現在、私たちが米国製品を輸出すると、ほかの多くの国々はとても高い関税や税金を私たちにかけてきます。それなのに、外国企業が彼らの製品を米国に出荷するとき、私たちはほとんどなんの負担も課していません。

 私は、ハーレーダビッドソンという偉大な米国企業の幹部や労働者と会ったばかりです。ホワイトハウス前庭の芝生で、彼らは誇らしげに堂々たる米国製のバイクを5台、展示してくれました。 乗ってみるかと私も言われたのですが、断りました。面会の場で彼らに「仕事の調子は?」と聞くと、調子は良いと言いました。もう少し踏み込んで、ほかの国での調子、主に海外での売り上げはどうかと聞きました。彼らは、他国はあまりに高い関税を我々の商品にかけているので海外でのビジネスは非常に難しいと答えました。苦言ではありませんでした。あまりに長い間ひどい扱いを受けてきて、それに慣れてしまったのです。ある国ではオートバイには100%の関税がかかると言っていました。

 彼らは状況を変えてくれと求めることもしませんでした。しかし私は求めます。

 私は自由貿易を強く支持しますが、それは同時に公平な取引でなければいけません。公平な貿易があったのは、ずいぶん前のことです。

 最初の共和党大統領であるエイブラハム・リンカーンはかつて「米国政府が保護主義を放棄すれば、人々は困窮し荒廃する」と警告しました。

 リンカーンは正しかったのです。今こそ彼の言葉に耳を傾ける時です。私は米国や、米国の素晴らしい会社、労働者がこれ以上食い物にされることがないようにします。

 私は何百万もの雇用を取り戻します。労働者を守るということは、移民制度を改革することでもあります。現在の時代遅れの制度が、私たちのもっとも貧しい労働者の賃金を押し下げ、納税者の負担を重くしています。

 カナダ、オーストラリアなど世界の多くの国は、能力本位の移民制度をとっています。ある国に入ろうとする人は、経済的に自活できる必要があるというのは基本的な原則です。しかし米国ではこの規則を適用せず、最貧層の国民が頼りにしている公の資金を費やしています。米国科学アカデミーによれば、現行の移民制度は、米国の納税者にとって年に何十億ドルもの負担になっています。

 能力の低い移民を受け入れている現在の移民制度を転換し、能力本位の制度を導入することで、多くの利益が得られます。数え切れないほどのドルを節約し、労働者の賃金を上げ、移民の家庭を含め、苦しんでいる多くの家庭を中産階級に引き上げることができます。こうした人たちは早くそうなりますし、とてもとても幸せになります。

 現実的で前向きな移民制度改革は可能だと私は信じています。ただしそのためには、米国人の雇用と賃金を改善すること、安全保障を強くすること、そして法の尊重を取り戻す、といった目標に焦点を絞ることが必要です。

 米国市民の幸福という考えに沿えば、共和党員も民主党員もともに働き、何十年もかなわなかった成果を得ることができるでしょう。

 もう一人の共和党の大統領、ドワイト・D・アイゼンハワーは、本当に偉大といえる最後のインフラ事業を立ち上げました。各州を結ぶ高速道路の建設です。今、国家再建のための新しい事業を立ち上げる時が来たのです。

 米国はおよそ6兆ドルも中東に使い、その間に米国のインフラはぼろぼろになりました。この6兆ドルがあれば、私たちの国を2度、造り直すことができたでしょう。交渉にたけた人がいたら、3回でも造り直せたかもしれません。

 国家再建を始めるために、私は議会に、米国のインフラに官民の資金で1兆ドルの投資を生み、数百万の新規雇用を創出する法案を承認するようお願いします。

 こうした取り組みは二つの核となる原則に沿います。米国製品を買うこと、米国人を雇用することです。

 今夜、議会には、オバマケア(医療保険制度改革)を撤廃し、その代わりに選択の幅を広げ、保険へのアクセスを増やし、コストを下げ、よりよい医療が受けられる制度改革で置き換えることも求めます。

 すべての米国人に政府が認定する医療保険の加入を義務づけるのは、米国にとって正しい解決策では決してありませんでした。すべての人が医療保険を利用できるようにする方策は、医療保険のコストを下げることであって、それが私たちがすることです。

 オバマケアの保険料は全国的に2桁も3桁も上がりました。たとえばアリゾナ州では去年だけで116%も上がりました。ケンタッキー州のマット・ベビン知事は、自分の州でオバマケアは失敗している、持続不可能で、崩壊していると言っています。

 3分の1の郡には選べる保険会社が一つしかなく、米国人の多くは選択肢をまったく持たないのです。そしてそれはどんどん減っています。

 自分の医師と保険プランを保ち続けられると言われたときのことを覚えていますか? そうした約束のすべてが破られたことを私たちは今、知っています。

 オバマケアは崩壊しています。すべての米国人を守るために、断固とした行動が必要です。行動はするかどうかの選択の問題ではなく、必要なのです。

 ですから私は議会のすべての民主党員と共和党員に、私たちとともに、自滅しつつあるオバマケアという災難から米国人を救うことに協力するようお願いします。

 すべての米国人にとってよりよい医療制度を作るにあたり、議会が沿うべき原則は次の通りです。

 第一に、持病がある国民も保険加入できるようにし、またすでに(オバマケアの下で創設された)保険取引所に参加している国民が安定した移行ができるようにすること。

 第二に、税額控除や医療貯蓄口座(HSA)を利用して、米国人が保険を自分で購入できるようにすること。政府が押しつけるものでなく、彼らが望むプランでなければなりません。

 第三に、我々は州知事たちに、誰一人メディケイド(低所得者向け公的医療保険)から置き去りにされないよう、資金や柔軟性を与えなければなりません。

 第四に、保険額を引き上げる不要なコストから患者や医師を守る法制度改革を実施し、人為的に高く設定された薬価を今すぐに引き下げなければなりません。

 最後になりますが、州を超えて医療保険を購入する自由を国民に与える時期が来ています。それによって本当に競争的な全国規模の市場が生まれ、コストが大幅に下がり、はるかによりよい医療が可能になります。

 私たちの国のすべての壊れたものは、直すことができます。すべての問題は解決できます。そして、すべての傷ついた家庭は癒やしと希望を見つけることができます。

 私たちの国民はこれらのこと、それ以上のことを受けるに値します。ですから、協力して、正しいことを成し遂げましょう。こうしたことや、そのほかの色々なことでも、民主党員も共和党員も一緒になり、私たちの国の利益のため、国民の利益のために一体となるべきなのです。

 私の政権はどちらの党とも協力し、保育制度を使いやすく、手頃な価格にし、新しく親になる人が有給の育児休暇を確実にとれるようにし、女性の健康のために投資し、空気と水をきれいにし、軍とインフラを再建したいのです。

 私たちの国民への愛は、議論の共通の土俵を見つけ、共通の利益を推し進め、より明るい未来に値するすべての米国人の子供のために協力することを私たちに求めています。

 素晴らしい若い女性が今夜ここにいらして、私たちにインスピレーションを与えてくれます。

 本日は「レアディジーズデー(世界希少・難治性疾患の日)」ですが、傍聴席におられるのは、その希少疾患から生還したメーガン・クローリーさんです。メーガンさんは生後15カ月で、極めて珍しく深刻な病気であるポンペ病と診断され、5歳までもたないと思われていました。

 それを聞いたメーガンさんの父、ジョンさんは、大切な子供の命を救うため、持てるすべてを使って闘いました。治療法を見つけるための会社を立ちあげ、薬の開発を支援し、その薬がメーガンさんの命を救ったのです。彼女は20歳になりました。ノートルダム大の2年生です。

 メーガンさんの話は、父の娘への無限の愛の物語です。

 しかし米食品医薬品局(FDA)の遅く、煩わしい承認制度は、メーガンさんの命を救ったような進歩が、それを必要としている人に届くのを阻んでいます。

 食品医薬品局だけでなく、ほかの政府機関でも、こうした規制をなくすことができれば、メーガンさんのような奇跡をもっと目の当たりにすることができるでしょう。

 私たちの子供たちは、奇跡の国に育つでしょう。

 それでも、こうした未来を手に入れるためには、すべての米国人の子供の心と魂を豊かにしなければなりせん。

 教育は、私たちの時代の市民の権利の問題です。

 私は、数百万人ものアフリカ系米国人やラテン系米国人の子供たちを含む恵まれない若者が、通学する学校を選べるよう、資金を提供する法案を通すように両党の議員に求めています。こうした若者の家族は、公立校や私立校、チャータースクール(特別認可校)、(特別なカリキュラムを持つ)マグネットスクール、宗教学校、(自宅で学習できる)ホームスクールから自身に適した学校を自由に選べるようになるべきです。

 今夜、この会場の聴衆に、優れた女性、デニシャ・マリウェザーさんがいます。幼い頃、デニシャさんは、学校で苦労し、3年生を2度、落第しました。しかし、税額控除の奨学金プログラムの助けで、私立学校、素晴らしい学校に入学できました。今では、彼女は、家族で初めて、高校だけでなく、大学を卒業しました。今年後半に、彼女は社会福祉の修士号を取ることになるでしょう。

 私たちは、デニシャさんのように、全ての子供たちが貧困の連鎖を断ち切れるようにしたいのです。ただ、貧困の連鎖を断ち切るには、暴力のサイクルも断ち切らねばなりません。

 2015年の殺人事件の発生率は、半世紀近くで最も大きな年間の伸びとなりました。

 シカゴでは昨年だけで4千人以上が撃たれ、殺人事件発生率は今年に入ってこれまでで、より高くなっています。これは、私たちの社会では受け入れられないことです。全ての子供たちに、安全な地域社会で育ち、すばらしい学校に通い、高収入の職業に就ける道が用意されるべきです。

 しかし、未来を築くために、私たちは法の執行機関に対抗するのでなく、協力していかねばなりません。私たちは協力や信頼の懸け橋を築かねばなりません。分裂のくさびを打ってはならないのです。それは本当に、ひどい分裂になるのです。団結しなければなりません。

 警察官や保安官は、私たちの地域社会の一員です。彼らは友人や隣人であり、母や父、息子や娘です。そして、彼らには、毎日無事に帰宅できるかどうかを心配しているいとおしい家族がいるのです。私たちは、こうした素晴らしい法の執行者たちを支援しなければなりません。

 そして、私たちは犯罪被害者を支援しなければなりません。私は、米国人の被害者のためになる組織をつくるよう国土安全保障省に指示しました。この組織は「VOICE(声)」――移民がかかわった犯罪の被害者――と呼ばれます。私たちはメディアから無視され、特定の利害関係者によって黙らされた人々に、「声」を与えます。

 今夜、聴衆のみなさんの中に、政府に見捨てられた非常に勇敢な4人の米国人がいます。彼らの名前は、ジャミエル・ショー、スーザン・オリバー、ジェナ・オリバー、そしてジェシカ・デービスです。

 ジャミエルさんの17歳の息子は、刑務所から出たばかりの不法移民の暴力組織のメンバーに殺されました。息子は無限の可能性を秘めた素晴らしい若者で、大学へ通い始めるところでした。彼は大学で、(アメリカンフットボールの)素晴らしいクオーターバックになったでしょう。しかし、そのチャンスを奪われてしまいました。彼の父親は今夜、この聴衆の中にいます。私のとても良き友人になりました。ジャミエルさん、ありがとう。ありがとう。

 スーザン・オリバーさんとジェシカ・デービスさんもまた、私たちとともにいます。彼らの夫である保安官補のダニー・オリバーさんと、刑事のマイケル・デービスさんは、カリフォルニアでの職務中に殺害されました。彼らは地域社会の大黒柱でした。勇敢な彼らは、犯罪歴と2度の国外追放歴のある不法移民に悪意を持って射殺されました。私たちの国で、決してあってはならないことでした。

 スーザンさんの隣には娘のジェナさんがいます。ジェナさん、私はあなたの父親は英雄だったと知ってほしいです。そして、今夜、あなたは、あなたを支え、あなたのために祈る全米の愛を手にしています。

 ジャミエルさん、ジェナさん、スーザンさん、ジェシカさん。私は、私たちが正義のために戦い続けることをあなた方に知ってほしいです。あなた方の愛する人は決して忘れられないでしょうし、私たちはいつも彼らの記憶を褒めたたえるでしょう。

 そして、米国の安全を保つために、私たちは米軍に武器を提供しなければなりません。それは、戦争を避けるためであり、もし必要なら彼らが戦って勝利するためのものです。

 私は軍再建の予算を議会に送り、国防費の削減を取りやめ、米国史上で、最大級の国防費増額を求めています。予算では、退役軍人のための費用も増やします。退役軍人はこの国のために職務を遂行してくれました。そして、いま私たちは彼らのために責任を果たさねばなりません。

 私たちが国として直面している課題は、重大です。しかし、わが国民はそれよりずっと偉大です。そして、米国のために軍服を着て戦う彼らほど、偉大で勇敢な人たちはいません。

 今夜、海軍特殊部隊で上等兵曹だったウィリアム・ライアン・オーエンズさんの妻、キャリーン・オーエンズさんがお越しになっています。ライアンさんは、テロリズムと戦い、私たちの国を守ってくれた戦士であり、英雄でした。

 私はさきほど、マティス国防長官と話し、マティス氏が再確認してくれました。マティス氏の言葉を引用すると、「ライアンさんは、敵との戦いで勝利をもたらすことになる、重要な情報を収集できた作戦の一員だった」のです。ライアンさんの功績は、永遠に刻まれています。ありがとう。ありがとう。そして、ライアンさんは(天国から)見下ろしています。彼は(与えられた拍手の長さの)記録を打ち破ったため、とても幸せです。

 聖書は私たちに、「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(新約聖書のヨハネによる福音書15章13節からの引用。日本聖書教会 新共同訳)と教えます。ライアンさんは友のため、国のため、私たちの自由のために命を犠牲にしました。私たちは決して彼のことを忘れないでしょう。米国がどんな友人になるのかと疑問を感じている同盟国は、軍服を着た英雄たち以外、探さなくてよいのです。

 私たちの外交政策は、世界と直接的で強固で、有意義な結びつきを求めています。米国のリーダーシップは、全世界の同盟国を通じ、不可欠な安全保障上の利益に基づいています。

 私たちは、ファシズムを崩壊させた2度の世界大戦や、共産主義を打ち負かした冷戦を通じて築かれた同盟、北大西洋条約機構(NATO)を強く支持します。しかし、私たちのパートナーは財政上の義務を負わなければなりません。

 そして今、とても力強く率直な議論をもとに、各国がそのことを始めようとしています。実際、金が流れ込んできているのですよ。とてもいいことです。

 NATOであれ中東であれ太平洋であれ、私たちはパートナーが戦略的、軍事的な作戦の中で直接的で意味ある役割を担い、そして応分の費用を負担することを期待します。負担しなければならないのです。

 私たちは歴史ある制度を尊重しますが、同時にあらゆる国の国家主権を尊重します。そして他国は米国の主権を尊重しなければなりません。

 自由な国というのは、国民の意思を表現する最良のものです。そして米国は、全ての国が自国の未来図を描く権利を尊重します。私の仕事は世界を代表することではなく、アメリカ合衆国を代表することです。ただ、米国は争いが多いよりも少ない方がもっと良い国になることを、私たちは知っています。

 私たちは過去の失敗から学ばなければなりません。世界中で巻き起こった戦争や破壊を、私たちは目撃してきました。世界中で、です。こうした人道危機を解決する唯一の長期的な方法は、自らの土地を追われた人々が再び安全に故郷へ戻り、生活を再建する長い、長いプロセスを始められる状況を作ることです。

 米国は利害関係を共有する新たな友人たちと出会い、新たな関係を築くことに前向きです。私たちは戦争や対立ではなく、調和と安定を求めます。

 私たちは平和を見いだせるあらゆる場所で、平和を求めます。米国は過去の敵とも今は友人です。最も緊密な同盟国のいくつかとは、何十年も前、ひどい、ひどい戦争で敵国として戦いました。この歴史から私たちは、よりよい世界を作れる可能性を信じることができるはずです。

 米国の250周年は、より平和で、より公正で、より自由な世界で迎えられることでしょう。

 建国100周年だった1876年には、全土の市民がフィラデルフィアに集い、米国の100周年を祝いました。その際、この国の創設者、芸術家、発明家たちが、自身の作品を紹介しました。

 アレキサンダー・グラハム・ベルは、そのとき初めて電話を展示しました。レミントンは最初のタイプライターを披露しました。初期の電球もありました。トーマス・エジソンは、自動電信と電気ペンを紹介しました。

 米国の250周年に、私たちの国がどんなすばらしいものを見つけているか、想像してみてください。

 ただ国民の夢を解き放つだけで私たちがどんな奇跡を成し遂げられるか、考えてみてください。

 私たちが長く苦しめられた病を治すことは、過分な望みではありません。

 遠い世界に米国人が足跡を残すことも、大きすぎる夢ではありません。

 数百万の人々が社会保障に頼らず働けるようになることも、大きすぎる期待ではありません。そして、母親たちが恐怖を感じずにすむ街、子供たちが心穏やかに学べる学校、米国人が豊かになり、成長できる雇用は、過大な望みではないのです。

 私たちがこれら全てを手に入れる時、私たちは米国を、かつてないほど偉大な国にしたことになるのです。私たちすべてにとってです。

 これが私たちの未来図です。これが私たちの使命です。でも、これらは私たちが団結してこそ、実現できるのです。

 私たちは、一つの国民です。同じ運命を負っています。私たちには同じ血が流れています。同じ国旗に向かって敬礼します。そしてみな同じ神によってつくられたのです。

 この未来図を実現する時、250年にわたる輝かしい自由を祝う時、私たちは、米国の偉大さの新たな章が幕を開けた今夜を振り返るでしょう。

 些末(さまつ)なことを考える時代は終わりました。つまらない争いをする時代は過去のものです。私たちの心を満たす夢を共有する勇気が、必要なのです。魂を揺さぶる希望を表現する勇敢さが。そして、そうした希望や夢を行動に移す自信が必要なのです。

 この瞬間から、米国は、恐れによる重荷を負わされるのではなく、大きな希望によって力を与えられるのです。

 過去の失敗に縛られるのではなく、未来に触発されるのです。そして疑念に目をふさがれることなく、未来図に導かれるのです。

 私はすべての国民に、この米国精神の再生を心から支持するようお願いします。連邦議員のみなさんに、私と共に大きく、力強く、思い切った夢を持つよう願います。そして、今夜のこの時を共有するみなさんにお願いします。

 この機会をとらえ、自らを信じてください。自身の未来を信じてください。そしてもう一度、米国を信じてください。ありがとうございます。みなさんに神のご加護を。米国に神のご加護を。


文字にすると長いですね。
今後のトランプ大統領の行動を今年1年
見ていきましょう。

0 件のコメント: