2017年5月31日水曜日

進撃の河田 治郎(第2話)

進撃の河田 治郎
(ラットレースに気付かない大人たち)
全12話(毎月下旬1話配信予定)

第1話・・・河田 治郎のラットレース
第2話・・・成功者との出会い
第3話・・・
第4話・・・
第5話・・・
第6話・・・
第7話・・・
第8話・・・
第9話・・・
第10話・・
第11話・・
第12話・・道半ばの振り返り

【登場人物】
  主人公 河田 治郎
  公務員 野々口 裕二
  真珠メーカー 野瀬 徹
  ライター 平山 幸三  
  メンター 岡山 剛   
  女社長  小柳 慶子



第2話「河田 治郎と成功者との出会い」

 世の中には経済的、社会的な成功者とそうでないものがいる。そのことに対して、なぜその2者が存在するのか?そんな問いに関する疑問を、そしてその答えを真剣に考える人がどれほどいるのだろうか。漠然と生まれついた環境のせいと、現状の経済的不自由に甘んじて生きている人が多い中、今回の物語の主人公河田について、本人はもちろん回りの人たちがどのような答えを導くのか。


 1990年代後半から2000年にかけてのITバブル期には栄えたであろうこの町はビルがひしめきあっており、今なおそのビルは太陽に照らされ水晶のような輝きを見せている。ビジネスは生き物だ。変化にアンテナを張り行動できるものだけが生き残り、現状に満足し進化することを忘れた人間はもうこの町にはいないのかもしれない。









※ 写真はイメージです。

 
 河田が踏み入れたこの町が、彼にとってどのような第一歩になるのだろうか。
あるビルの7Fの一室の会場で河田は座っていた。いわゆるセミナー会場にて何かのセミナーが始まるようだ。

野々口「はいよ、コーヒー。」

河田「おっ、ありがと。こういう席に座るのは大学の時以来かな。」

河田はブラックの熱いコーヒーをぐいっと口にやり、唇をすこしやけどした。割と緊張している。

野々口「・・・大丈夫か。話の内容を聞いてくれればいいんだが、今はこの中身より紹介したい人がいるから気楽にしててくれ。」

河田「わかった。難しそうな話なら寝てしまうなー。」

野々口「話をしてくれる人とまたこれから一緒にいろいろ仕掛けていく人にお前を引き合わせる。」

河田「おう。」

セミナーの講師はスーツ姿で、カラーはダークグレーでパリっと決めている。歳は河田より少し上くらいではあるが、生気あふれており、河田より若々しかった。ただ、見た雰囲気は正直、河田には胡散臭さを感じずにはいられなかった。







 ※ 写真はイメージです。

 初回のセミナーで河田が理解した話の内容といえば、ビットコインというものがあり、それは(※)暗号通貨の一つであると、こんなところだろう。またこの話の中身については別の機会に譲るとして、河田はこの後の食事会に野々口と同席する。

※ 暗号通貨・・・日本では翻訳の過程で仮想通貨と呼ばれて馴染んでいるが、ここでは
 暗号通貨と呼ぶ。

野々口「ま、話の内容は追々だな。この話に乗れというんじゃない。このあとの懇親会に出ろ。」

河田「全然わからんかった。頭つかったら腹減った。とりあえず、飯だな。」

 懇親会は近場のイタリアンの居酒屋で行われそこで数人と意見交換をするのだが、講師の人は参加していなかった。その中にカジュアルスタイルの余裕のある雰囲気のある人が座っていた。背が高くがっしりした体格で、その人の名は岡山といって後の河田の人生を変える運命の人である。

野々口「どうも岡山さん!こんばんは」

岡山「お、野々口くん。またお腹でてきたんじゃない?」

野々口「そうですか? なんか気が付くと膨らんでくるんですよね。ただ、太るとドライバーがよく飛ぶんですよ!」

岡山「はははは。そうか。またゴルフいこうか。」

野々口「よろしくお願いします。あ、ところで、こちら河田っていって俺の大学時代の友人です。」

河田「こんばんは。」

岡山「こんばんは。」

野々口「こいつ今、派遣で働いていて、ビジネスについて色々勉強したいっていってるんで連れてきました。」

岡山「そうなの。派遣ってどんな仕事?」

河田「製薬会社のライン作業です。」

岡山「へぇ。今日は勉強になった?」

河田「え。はぁ。ほとんどわからなかったです。」

野々口「内容についてはまた俺から教えておきます。」
野々口と河田は席に戻り河田にささやいた。

野々口「あの人は、すごい人だ、いわゆる俺が目指している人といっていい。」

河田「そうなのか。すごいのか。」

野々口「いくつかのビジネスのオーナをしていて、話の感覚が職場とは全くスケールが違う。見た目や生活スタイルで判断するわけではないんだが、やはり成功者たりえる風格が前面にでている。いままで何人が成功者と呼ばれる人に会ってはきたんだが、この人は俺にとって運命の人なんだ。」

河田「なんかすごいな。」

河田はこの時この人と絡めるとは夢にも思っていなかった。ただ、その場で出会い、すごい人だなって思ってそれで終わりだと考えていたのだ。

0 件のコメント: